薄毛に気付く瞬間は人それぞれ

薄毛の人は誰にでも「あれ、自分ハゲてきた?」と感じてしまう瞬間があるはずです。

 

認めたくはないものの、髪の毛が少なくなってきていることが現実であり、必ず自覚しなければいけない瞬間はやってきます
ユーザー
その瞬間というのは人それぞれですが、特に気付きやすい理由をランキング形式でいくつかご紹介したいと思います。

 

髪のボリュームが昔よりも少ないことに気付く

一番多いのはやはり、自分で「昔と変わってきた」と感じることではないでしょうか。

 

昔の自分の髪の毛の量を写真などで見た時に、どう考えても薄毛が進行していると感じてしまうことがあると思います。もちろん薄毛の人に限ります。

 

当然加齢によって毛量は減っていきますので、ある程度は自然なことですが、20代くらいの方でも10代と比べて明らかに薄毛になってきていると感じる方も薄毛の人には多いです。

 

特に若い世代は外見を気にしている方が多いので、「自分の理想的な髪型にできない」「異性にモテない」などマイナスなことが多いですからね。

 

筆者も自分の薄毛は前髪を上げた姿を鏡で見た時に「もしかしてやばいかも」と感じるようになりました。

 

薄毛の部分を隠せているうちは良いのですが、ボリュームが減ってくると外見が変化していくため、どうしてもかっこ悪くなってしまいます。

 

頭を洗ったら排水溝に髪の毛がぎっしり

シャンプーをした後に排水溝を見て髪の毛が大量に絡まり「薄毛なんじゃないのか」と気付く人も多いようですね。

 

頭を洗えば誰でもある程度は髪の毛は抜けていますが、あまりにも多いと怖くなってしまいますよね。

 

朝起きたら枕が髪の毛だらけだった

朝起きた時に枕に髪の毛がたくさん付いていて薄毛に気付くこともあります。

 

寝ている時は髪の毛のサイクル的に誰でも髪の毛が抜けますが、やはり多すぎると薄毛に繋がります。
ユーザー
シャンプーにしても睡眠時にしても誰でも抜け毛はありますが、問題なのはその量なんですよね。

 

他人に薄毛を指摘される

恐らく一番辛い薄毛の気付き方が「誰かに言われて気付く」ということだと思います。

 

友人や恋人はなかなか直接的には「ハゲてきたね」とは言えないと思いますが、家族などからは平気で「最近髪の毛薄くなってきてない」など言われてしまうこともあります。

 

特に頭頂部から薄毛が進行している場合だと、自分では気付きにくいので誰かに「薄くなってきてるよ」と言われてしまう可能性が高いです。

 

かなりショックだと思いますが、その人も言いたくていっているというよりは「気付いた方が対処ができる」という優しさからだと私は考えます。当然辛いことには何ら変わりません。

薄毛は気付きたくはないが、気付かないと何もできない

薄毛は誰でも嫌で本当ならそんな現実認めたくないと思います。
ユーザー
しかし、薄毛を改善するためにはまず「自分は薄毛なんだ」と認めることです。そうしなければ、なにもせずにどんどん薄毛は進行していくばかりです。

 

AGA治療など今では様々な薄毛対策ができますので、諦めずに薄毛を認めて戦いましょう。

 

薄毛と戦うクリニックであるゴリラクリニックについて詳しく説明しているので、興味のある方はこちらもチェックしてみてください。